So-net無料ブログ作成

怖いもの [ネットの感想]

おっしゃるとおり!
話が通じない奴らは恐怖。

 


 

 

 

 いじめの問題が起きると必ず

「知ってたのに何もしなかったクラスメイトは加害者同然」とか「こどもたちで解決すべき。大人は介入すべきでない」とかテレビでいうアホが居る。

 こんなアホの戯れ言を正論のように扱ってるから日々いじめが起き、自殺者が絶えない。

 

 

 

 

 

って、あいつが言ってたよ。

 

 

 

 

あと、ついでに書くけど、「不毛な入れ墨論争」。
「入れ墨は怖いだろ普通」っていうと
「ただの絵だし、ファッションだ。受け入れない奴は閉鎖的」
みたいなことを必ずアホが言うけど、

 違うのよ。
入れ墨を「ファッション」「かっこいい」と感じるその感性そのものが恐怖なのよ。
自分とは絶対話が通じない、っていう印象が恐怖そのものな訳よ。

あと、入れ墨は「恐怖で相手を威圧する」のが主目的な訳よ。
それを、「大切な言葉を忘れないように体に刻んだ」とか、
「生まれ変わるために、弱かった自分への別れの印として」とか、
そう言う類の、「こう言えば、許さない方が悪になっちゃうよ~」感の寒々しい台詞を
いけしゃーしゃーと言えちゃう、その思考が恐怖しかないわけよ。

「セレブがやってる」とか言うが、
入れ墨してるからかっこよくなってるわけじゃない訳よ。
セレブは基本、何やってもかっこいい訳よ。
そしてお前はセレブではない訳よ。

 「外国じゃ普通」って言うのもよく聞くけど、
こればっかりは私は外国人じゃないからわからない。
逆に、「本当に外国じゃ普通なのか?」と問いたい。

私の印象では、
腕とかにごっそり入れ墨してる外国人はもれなく、
一発パンチすれば人を殺せる屈強なGUYっていう印象だけど。
その気になれば一瞬で殺されるGUYが近くにいるのは恐怖なのよ。
「心は優しいのに、見た目で判断するのは最低。それを怖がる方がおかしい」というなら、
そいつには「心優しきライオンに添い寝して暮らしてみろ」、と言いたい。

 

 

 

 

って、あいつが言ってた。

私は何も言ってません。

 

 

 

 

 

完全版 不安のメカニズム: ストレス・不安・恐怖を克服し人生を取り戻すためのセルフヘルプガイド (単行本)

完全版 不安のメカニズム: ストレス・不安・恐怖を克服し人生を取り戻すためのセルフヘルプガイド (単行本)

  • 作者: クレア ウィークス
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2016/12/08
  • メディア: 単行本


ハイパフォーマーは知っている 恐怖に負けない技術

ハイパフォーマーは知っている 恐怖に負けない技術

  • 作者: 辻 秀一
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



貧乏お嬢さま、恐怖の館へ (コージーブックス)

貧乏お嬢さま、恐怖の館へ (コージーブックス)

  • 作者: リース・ボウエン
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: 文庫



拒絶される恐怖を克服するための100日計画

拒絶される恐怖を克服するための100日計画

  • 作者: ジア・ジアン
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: 単行本



 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント