So-net無料ブログ作成
検索選択

私は世間とずれていて悲しい その4 [謎]

前回のユーチューバーの件もそうだし、

特にテレビやネットの中で、

『何でもかんでも言うやつ』が幅を利かしている。利かしすぎている。



で、必ず

「何でも言えるのは健全なことだ」とか

「批判を拒絶するのではなく、受け入れるのが今を生き抜くスキルだ」とか

「何でも言うあの人は、覚悟と勇気がある。時代のリーダーだ」とか

しゃらくさいことを世間は言う。

うざすぎる。




こういう時いつも思う。

クソガキが女の子に対して「ブス」って言って

「ブスって言うな」って言い返されると

「え? じゃあお前、自分で美人だと思ってるの?

俺はお前を見てブスって思ったんだから言ってるんじゃん。

思ったこと言ってはいけないの?

どの法律に反してるの?

お前に俺の言論の自由を侵す権利があるの?」

みたいなことを言う、どこのクラスにも一人は居るクソ野郎を思い描く。




私は単純に、こういうクソ野郎が世間でちやほやされて
幅を利かしてる感じが不思議で仕方が無いのよ。



「人が普通言わないことを堂堂と言うやつかっこいい」っていう感じ、なんなんでしょうね。

イライラする。








おい、そこの日本人、お前に言いたいことがある。

おい、そこの日本人、お前に言いたいことがある。

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Kindle版
もっと犬に言いたい たくさんのこと-君の「?」な行動に惑わされず、楽しむための88の方法

もっと犬に言いたい たくさんのこと-君の「?」な行動に惑わされず、楽しむための88の方法

  • 作者: 中村 多恵
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • 発売日: 2013/07/12
  • メディア: 新書
本気で言いたいことがある(新潮新書)

本気で言いたいことがある(新潮新書)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/04/20
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント