So-net無料ブログ作成
ニュースの感想 ブログトップ
前の5件 | -

実際に観たっぽいひとのツイート。 [ニュースの感想]

いろんな人が好き勝手に言っている。

音も聞こえないし、あの場面の前後が判らないし、画像も全く不鮮明なので、

真相が判らん。





で、実際に観たっぽいひとのツイート。












なるほど。


「ジャズだから演奏の長さとかその辺は自由」、とか言っている奴がいるが、それは完全に違うと言うことだな。


あと、「ちょっとだけ長く叩いた」ってどのマスコミも言っているが、それも「ちょっと」ではないことも確定。


そもそもまともなら、日野さんが一歩近づいた時点で、雰囲気を察して叩くのを止めるのが普通の反応。
それを、スティックを取り上げられても手でドラムを叩くのは、反抗心むき出しすぎる。


暴力でなくコトバで対処、とか言ってる奴が毎度毎度いるが、

どうみてもコトバじゃ止めないだろ、あの状況。



もし仮に、舞台から引きずり下ろして舞台裏で...ってしても、どっちみち日野氏を叩くんだろ。




また、もし仮にあのまま放っておいたとしたらどうなるか。

まあ、少なくとも10分以上はたたき続けるだろうな。

で、もしかしたら観客は場の空気を読んで拍手して盛り上がるかもしれない。

実際、スティックを放り投げたところで、観客から笑いが起きてるしね。

演出だと思ったんだろうね。


しかし盛り上がる展開こそが日野氏にとって最悪の展開だったと思うんだよね。

日野氏の威厳にとっても、

なによりそこに居たこどもたち全員の教育にとっても。


必ず「あ、なんだ。あんなめちゃくちゃな子が居ても、自分の体面を気にして放っておくんだ。がっかり」ってなるから。



ツイートによると、その子は指導していただいた日野氏を睨み付けたって言うじゃない。

まともじゃないね。


平手打ちを全面的に肯定はしないけど、
「コトバで対処すべきっ! 教育者失格っっ」とか言う人は、

毎回こういう時に、お前なら具体的にどんなコトバで対処するのかを言わないよね。





あと、一番気色悪いのが、

「その子と父親が日野氏に謝りに行った」

ということを、

「コンサート存続のためにあえて謝りに行った」とか
「謝りに行かされた」とか

「日野氏が100悪い。謝る必要なし」など

いつもの『話し合いバカ』が、早々に謝ったことを残念がっていること。
「まだ謝るなよ! これから全力で日野氏を追い込んでいきたいのに。絶対勝てるのに。」みたいな。


気色悪い...





ニューヨーク・タイムズ

ニューヨーク・タイムズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2017/11/08
  • メディア: CD
トレード・ウィンド

トレード・ウィンド

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2017/11/08
  • メディア: CD
シティ・コネクション

シティ・コネクション

  • アーティスト: 日野皓正,Dave Liebman,DAVID SPINOZZA,Harry Whitaker,LEON PENDARVIS,ANTHONY JACKSON
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2016/08/24
  • メディア: CD
デイドリーム

デイドリーム

  • アーティスト: 日野皓正,J.Gadsden
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2016/08/24
  • メディア: CD
ピラミッド(期間生産限定盤)

ピラミッド(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: CD
アローン・アローン・アンド・アローン

アローン・アローン・アンド・アローン

  • アーティスト: 日野皓正,大野雄二,稲葉国光,日野元彦
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: CD
ライヴ・イン・コンサート

ライヴ・イン・コンサート

  • アーティスト: 日野皓正,杉本喜代志,板橋文夫,岡田勉,日野元彦,渡辺貞夫,向井滋春
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/02/04
  • メディア: CD
ダブル・レインボー(期間生産限定盤)

ダブル・レインボー(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: CD


 


 


追記


あのこどもの行為を「突発的」と表現する輩がいる。
「気持ちが高ぶってついついやってしまった。悪気はなかった」とか言ってる。


 


んなわけねーし!!


 


絶対計画的だってば。
相当以前から、「本番でハプニング起こしてやるぜ」、って思ってたに違いないし。
「オレ、やってやんぜ! お前らのできないことをしでかしてやんぜ! 伝説作ってやんぜ!」的な感じで。
「この自由でだれにも従わないのがジャズの心だぜ」、とか思ってたんじゃないの?


 


ついこの前も、スノボーかなんかで「反省してまーす」って言ってた男が、
「なんも後悔してねーし。行儀良くしたらスノボーじゃねーし。そんなのオレじゃねーし。オレがオレを否定すること死んでもしたくねーし。」的なことを言ったという記事を見たが、
まあ、ドラムの子も同じだったろうね。


「行儀良く真面目なんてできやしなかった」ってのがかっこいいんだろうね、彼らの中では。


 


--------------------


 さらに追記


どうやら、そういう映画があるらしい。


 




 


 


ということでやはり計画的なのは確定。


 悪質。


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大学とは [ニュースの感想]

全然ニュースには興味は無いが、1点だけ気になるし、
だれも言わないので書く。




「獣医師は足りているから獣医学部新設は問題だ」って言う奴いるじゃない。




え?

獣医学部を出たら獣医師にならなきゃダメなの?
獣医学部に入ったら獣医師を目指さないといけないの?


大学ってのは職業訓練の場なの?

大学に入ると職業選択の自由は奪われるの?


大学ってのは学びたい人が入るところでは無くなったというのか?






例えば

家のケーキ屋を継ぐんだけど、建築にも興味があるので、
4年間建築学部で学びたいって言う人がいたなら、

その人は非難されなきゃいけないのか?



「今現在足りている職業に関する大学の学部は廃止せよ」というのが正しいのなら、

もう世の中の全ての学部を廃止してしまえ。


プロサッカー選手も足りてるだろ。

全国のサッカー教室、全国のサッカー部を廃止してしまえ。

奴らの理屈が正しいって言うなら。



「今あるものを廃止はしないが、新設は許さないぞー」とか

訳のわからんこといいそうだな。
奴らアレだから。










って、近所のおばちゃんが言ってたよ。






「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する

  • 作者: 山口 裕之
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2017/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
大学図鑑! 2018―――有名大学81校のすべてがわかる!

大学図鑑! 2018―――有名大学81校のすべてがわかる!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
大学受験案内2018年度用

大学受験案内2018年度用

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2017/03/02
  • メディア: 単行本
螢雪時代8月臨時増刊 全国 大学内容案内号(2018年入試対策用) (旺文社螢雪時代)

螢雪時代8月臨時増刊 全国 大学内容案内号(2018年入試対策用) (旺文社螢雪時代)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 雑誌
最新改訂版 大学の学部・学科がよくわかる本

最新改訂版 大学の学部・学科がよくわかる本

  • 作者: 四谷学院 進学指導部
  • 出版社/メーカー: アーク出版
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
消えゆく「限界大学」:私立大学定員割れの構造

消えゆく「限界大学」:私立大学定員割れの構造

  • 作者: 小川 洋
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

気が悪い [ニュースの感想]

あのじじい曰く、

「国家権力以外の圧力は弾圧とは言わない。すなわち、やめたほうが腰抜けなだけ。学生が悪い」




嫌いだわー。

いやいや、こういう団体や、アサナマとかに出たり話題になってる「思想激強」の連中が絡んできたら、


怖いわ!!!!


お前らが国家権力かどうかなんか関係ないのよ。
お前らは不気味で怖いのよ。薄ら気色悪いのよ。関わりたくないのよ。

まんがで、雑誌のコラムで、SNSで、街宣で、ネット動画で、

卑怯に「自分はセーフな言い回し」でねちっこくいやらしくやられるかと思うと身の毛がよだつわ普通。

自覚しろよ、じじい。


みんなを楽しませようとイベントに携わっている20歳前後の子どもがそれを怯えたら怯えたほうがヘタレとか、笑えんわ。

がっかりだわ、あのじじい。










とにかく

あのじじいのいうこと、ことごとく納得いかんわ。





って、近所のおっちゃんが言ってたよ。







思想 2017年 06 月号 [雑誌]

思想 2017年 06 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/05/29
  • メディア: 雑誌
現代思想の名著30 (ちくま新書 1259)

現代思想の名著30 (ちくま新書 1259)

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/06/06
  • メディア: 新書
現代思想 2017年6月臨時増刊号 総特集=マルクスの思想 ―『資本論』150年―

現代思想 2017年6月臨時増刊号 総特集=マルクスの思想 ―『資本論』150年―

  • 作者: 柄谷行人
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2017/05/22
  • メディア: ムック
神話から現代まで 一気にたどる日本思想

神話から現代まで 一気にたどる日本思想

  • 作者: 稲田 義行
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

わからないよう [ニュースの感想]

なんでこう、どいつもこいつも、異常に極端なことを言うんだろう?

私は、自分の声が奪われるなんてこと1mmも起きないと思う。

そんな心配、無駄。

国が村本氏の声を奪うなんて事も100%無いよ。

自意識過剰。






村本氏ではないが、
「テロ等準備罪ではオウムは防げなかった」って言ってたんじゃないのか?

その場その場で「効果が無いから要らない」って言ったり、「効果絶大で声が出せないから反対」と言ってみたり、

イライラするわ。

どっちの立ち位置なのか、そっち陣営の人は意思統一しとけよ、とりあえず。







って、

あの人が言ってた。


僕は難しくてわからないよう。





テロ

テロ

  • 作者: フェルディナント・フォン・シーラッハ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 単行本
ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女

ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女

  • 作者: 宮田 律
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ

明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ

  • 作者: 鈴木 荘一
  • 出版社/メーカー: 毎日ワンズ
  • 発売日: 2017/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
最大の脅威 CBRNに備えよ! (東京オリンピックでテロを防ぐために)

最大の脅威 CBRNに備えよ! (東京オリンピックでテロを防ぐために)

  • 作者: 濱田 昌彦
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2016/12/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
もしもテロにあったら、自分で自分の命を守る民間防衛マニュアル

もしもテロにあったら、自分で自分の命を守る民間防衛マニュアル

  • 作者: 武田 信彦
  • 出版社/メーカー: ウェッジ
  • 発売日: 2016/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)







とりあえず、

このたびのアリアナグランデのようなことが日本でも起こるのはまじで嫌だ。


そのためにやれることはやるのは当然。
なんなら、もっと厳しくても良い。










nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

フェイクニュース [ニュースの感想]

この前、北朝鮮が弾道ミサイルだかを1発撃ったというのを
ニュースだかなんだかでやっていた。


ナレーションでは事実通り「1発」と言っているが
そのときの映像が、バンバン撃ちまくっているものだった。


これに関して、イライラしているの、日本で私だけ??




メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース

メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース"だらけ (WAC BUNKO 255)

  • 作者: 渡邉哲也
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 新書
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 12/27 号 [フェイクニュースの世界]

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 12/27 号 [フェイクニュースの世界]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: 雑誌
「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方

「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方

  • 作者: 松林薫
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2017/03/11
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | - ニュースの感想 ブログトップ