So-net無料ブログ作成

近所の主婦はイライラしている [2017兵庫県立大学工学祭@書写]


引用元記事





パトリック・ハーランは、(中略)「アメリカでは当たり前」として
政治的発言をすること自体が問題になることはないと説明した。


これ、一部のアメリカ人が言うのよく聞くけど、いつも信じられないんだけどなぁ。
そもそも「問題になる」の定義がどう思ってるのかが分からないから何とも言えないけど。


政治的見解が自分と違っていたり、
自分にとっては聞いてられないようなアホな言動を芸能人がしていたら、
そいつを嫌いになったり、批判したりするんじゃないの?
それが全く起きないのアメリカって?


信じられないけどなぁ。アメリカだろうがあるでしょうよ、そういうの。
いや、絶対あるに決まっている。
それは私の価値観では「問題になる」なんだけど、どうなのよアメリカ人?

ファンが減るとかファンが偏るってのはいろんな人にとって問題でしょーよ。
問題が起きてもそれをしのぐ収入があるっていうだけでしょ。
問題は起きるんでしょーよ。本人が痛いかどうかはまた別問題よ。
「それは起こるけどそれは問題ではない」というなら、もう話し合っても無駄。
パトリックなんちゃらは話しても無駄なやつ、ということになるなぁ。




政権を批判してるとか反体制側の人たちが問題になっているわけで、
(芸能人が)首相と会食しているのは誰も炎上していない。


何回言えばわかるんかなぁ?
政権を批判しているのが問題なのではないよ。話をすり替えるな。
自国のトップの「病気」という個人的身体的特徴について
「反体制気取り」の発言をしたことがイラつくっていうのよ。
政権を批判してないのよそもそも。鴻上なんちゃら、わかる?


黒人の真似をするのに肌を黒くしたり、外国人の真似をするのにつけ鼻をしたりして、
何の悪意もなく身体的特徴を真似たら、
なんでそこまで怒り狂うんだよってぐらいだったくせに、

それらよりデリケートな身体的特徴である「重大な病気」の揶揄については
むしろ「すばらしい役者だ」って言っちゃうお前らって何なんだよ本当に


ローラの件も、政権を批判しているのが問題なのではないよ。

「他はスルーで、なんで辺野古だけ名指しで突然言い出すんだよ」って言うだけよ。
そもそも問題などではない。問題になんかなってない。
この件でギャーギャー騒いでたのはむしろ反体制側じゃないか。
だろうがよ鴻上なんちゃら。


あと芸能人と会食するのが炎上しないって、そりゃそうでしょ。
芸能人と会食して何が悪いのか?

誰と会食して良くて、誰と会食しちゃダメなんだよ。
それはだれが何の基準で誰に許可を得て決めたんだよ。
差別的な奴だな。





最近イライラするわ。[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]








って近所の主婦が言ってた。[モバQ][モバQ]








左翼老人 (扶桑社新書)

左翼老人 (扶桑社新書)

  • 作者: 森口 朗
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/03/02
  • メディア: 新書
偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る

偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る

  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2019/05/30
  • メディア: Kindle版
「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義

「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義

  • 作者: 岩田 温
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
なぜ私は左翼と戦うのか

なぜ私は左翼と戦うのか

  • 作者: 杉田水脈
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2017/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却

戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却

  • 作者: 田中 英道
  • 出版社/メーカー: 展転社
  • 発売日: 2014/10
  • メディア: 単行本
日本の敵を今知るための150問150答

日本の敵を今知るための150問150答

  • 作者: 岡真樹子
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2018/06/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント